人気ブログランキング | 話題のタグを見る

元気な方々

先日、工事で伺ったお客様は72歳の世間一般で言うとおばあちゃん。いまも現役で仕事をしていらっしゃる。なんと介護の仕事で「私がされるんじゃなくて、私がみるのよ!」なんておっしゃいます・・・。年下の介護される方もいらっしゃるらしく、そんな時は自分の年は相手が落ち込んでしまうので言えないそうです。今、介護関係の資格をとろうと思って勉強中とのことで、「頭が固くなってまいったわ~」なんておっしゃってます。

また別なお客様はやはり70歳代で本格的な登山をしていらっしゃる。カメラをリュックに入れて写真が趣味だそう。はじめたのは60歳からとのことで、いやいや元気な方々です。年の話しになり「40歳代で疲れたなんていってらんないわよ!」とはっぱをかけられました。この方も女性!

ほかにも元気な方々がまわりにいらっしゃいますが、共通するのはお会いするとこちらが元気を頂くような気がすることでしょうか。けっして私が元気がないわけではないと思うのですが、みなさんハツラツとして姿勢がいい!背筋がピンと伸びている!

よし!!  体を鍛えよう!!  勉強をしよう!! あらためて、そう思うのでした。  
# by sozai-ya | 2007-12-05 09:26

12月です。

早いものでもう12月です。さっそく来年の手帳を購入しました。毎年暮れにいろいろな事を想像しながら書き入れていくのですが、今年もそんな時期になりました。

飛行機が空を飛ぶ事も、こんなにコンピューターが普及することも誰かの想像からはじまったのだと思います。

私の場合の想像や計画は殆ど,こんな会社になりたいとか、こういう仕事がしたいということが多くを占めるのですが、理想と現実のギャップで悩んだり迷ったりすることもあります。

最後にはお客様からの「ありがとう。」という言葉や、満足して頂いた「笑顔」を見て癒されているような気がします。

「ありがとう」などの感謝の言葉や笑顔には不思議な力がありますね。植物がいきいきしたり、具合が悪い人が元気になったりなど。

いろいろな事を考えたり忙しかったりすると、たまに眉間にシワを寄せている自分に気が付く時がありますが、そんな時は眉間のシワを指で無理やり伸ばして笑顔をつくってみることにしています。たぶんおかしな笑顔になっているんだと思うんですが・・・。
# by sozai-ya | 2007-12-01 14:40

温泉の師匠

ここ最近の楽しみの一つに温泉があります。30代なかばまでは、「温泉に行きた~い!」というほどでもなかったのですが、最近は「ゆっくり温泉にでも行きたいな~。」と思います。

そして温泉の趣向もここ最近変わりました。以前はある程度大きな建物でお土産なんかも充実していて綺麗なところが良いと思っていました。でも、今は泉質!といってもうんちくを言えるほどは知らないのですが、まず条件は源泉掛け流しと周りのロケーションでしょうか。そうするとおのずと秘湯ぽいところになってきます。

日本秘湯の会という本を買い、みてみると福島の身近なところに沢山いい温泉があります。今日は日帰りでも充分行けるところを一つご紹介します。「新野地温泉の相模屋」さんです。

温泉の師匠_f0075160_19513363.jpg
      こんな橋のようなところを渡っていきます。
温泉の師匠_f0075160_1952830.jpg

白濁の温泉です。なんか得した気分です。そして料金は一万円前後とけっこうリーズナブル。お料理も山の幸が豊富でおいしかったです。ちなみにまだ幼稚園児だった娘はジュースと間違って果実酒をのんでしまいあわてたのですが、なんともなくケロッ!としているところを見、お酒の弱い私はひとり「間違いなくこの子は家内に似たな!」と実感したのでした。

この温泉にいったきっかけは公私ともにお世話になっている温泉の師匠に連れて行ってもらいました。師匠はほとんどの秘湯をたぶん記憶しているようで、泉質、効能も含めお詳しい!でも行ってみると大きなホテルのような温泉より全然よかったです。癒されました。もう数年前になりますがこの辺から温泉好きになったような気がします。師匠ありがとうございます。
# by sozai-ya | 2007-11-28 19:35

一滴結露

もうすぐ冬です。この時期になると相談が増えるのが窓の結露のことです。窓の結露を防ぐ方法はいろいろあり商品も出ているのですが、先日珍しい結露をみました。

2F和室の板目天井になにやら等間隔で20cmぐらいの水染みが天井一面にあります。お客様は「雨漏れですかね~?」と心配されています。でも雨漏れならこんな等間隔にきっちりと染みが出来るわけはないしな~と想いをめぐらすうちに、「一滴結露」を思い出しました。

一滴結露とは天井材などを止めているビスが天井裏の冷たい空気に冷やされ、部屋の暖かい空気がそのビスに触れ、露点を超え結露する文字通り一滴の結露です。案の定天井を開けてみるとビスではないのですが天井材を金具で止めてあり、その金具が結露していました。

和室から洋室への改装だったため天井も全て張替えの予定で、下地材も含め全部交換しましたがあの染みは普通は雨漏れと思ってしまいますね~。よく鉄骨住宅で何年かすると柱の位置が黒ずんできたりしますがあれも同じですね。最近は断熱性能が上がってきたので少ないとは思いますが。

等間隔の天井の染みはほぼ高い確立で「一滴結露」だと思います。

一滴結露_f0075160_18302690.jpg

# by sozai-ya | 2007-11-25 18:22

初雪がふりました。

郡山にも初雪が降りました。街にはクリスマスの飾りつけが溢れ、も~う年末か~!という今日この頃です。先日の11月22日はいい夫婦の日だそうで、そんな日あったかな~?いつからだろうな~。などと思いながら、我が家でいい夫婦の日にちなんだイベントはありませんでした。そして翌日の23日は勤労感謝の日。いつものように仕事でした。毎年この日は感謝の日ぐらいは休み取らなきゃな~とも思うのですが、最近聞いた話しによると勤労感謝の日というのは、「勤労する喜びを噛みしめ労働する日」だとか?う~ん、納得!
# by sozai-ya | 2007-11-24 09:33